健康経営宣言

「北陸マツダは最高のサービスにより、お客様に喜びと感動を与え続けます。
そして販売シェア及び収益を拡大し、存在感のあるNo.1企業として地域社会に貢献します。」

北陸マツダが掲げるこのコーポレートビジョンを実現する為には、
その主人公である社員一人一人が生き生きと健康に働き続けられることが不可欠です。
お客様と社員が共に幸せになり、地域社会に貢献できるように、
社員一人一人の健康保持・増進と、安全で活力が出る職場づくりに、積極的に取り組んでまいります。

代表取締役社長  泉 嘉幸

健康経営の取り組み

北陸マツダは、社員一人一人が生き生きと心身ともに健康に働き続け、
安全で活力が湧く職場を築くために、以下の施策を中心に取り組んでいます。

  1. 健康保持増進・生活習慣病予防
  2. ワークライフバランスの推進
  3. メンタルヘルスサポート
  4. 感染症対策
  5. 喫煙対策

健康経営を推進する仕組み

代表取締役社長を健康経営推進の最高責任者とし、人事総務グループを中心に各委員会や産業医、
健康保険組合と連携を図り、社員の健康保持・増進に向けた取り組みを推進しています。

健康経営推進組織図

MENU

閉じる